FANDOM


機動戦士ガンダム
ギレンの野望

ファイル:機動戦士ガンダム ギレンの野望 SS.jpg

ゲーム
ゲームジャンル 戦略シミュレーションゲーム
対応機種 セガサターン
開発元 ESP
発売元 バンダイ
プロデューサー 牛村憲彦
メディア CD-ROM
プレイ人数 1人
発売日 1998年4月9日
販売価格 7,140円
売上本数 23万本
キャラクターボイス あり
テンプレート使用方法 ノート

1998年4月9日、セガサターンで発売。開発はESP。重要拠点を除いてマップは地上と宇宙の2枚。地上は東と西がつながっておらず、マップの端である大西洋を越えて移動することが出来ない。世界マップはすべてヘックスで構成されており、移動や布陣もすべてこの場にて行う。重要拠点のみ別マップになる。一定の条件を満たして連邦、およびジオンモードをクリアすることにより、ティターンズ・正統ジオン(キシリア)・ネオ・ジオンキャスバル)の各勢力を使用することが可能になる。

一人プレイ専用の戦略シミュレーションゲームという割り切り、それによって生まれた歴史のIFを実現できる選択権の他、3Dレンダリングで美麗・立体的に表現されたモビルスーツ、スプライトによる美麗で高速な戦闘アニメーション、MSVなどの初めての映像化と広範なガンダムワールドの網羅で、以降のシリーズ化へと繋がることになる。 完全に大人向けのゲームデザインが行われており、低年齢層をあえて考慮しないゲームシステムにした事も、結果的に幅広い世代に受け入れられる事となった。

ユニット面で続編と違う点は、「ガンダム(若しくは専用機)などの高性能機が1機ずつ、或いはかなり少数しか造れない」ところである。例えば、連邦軍でプレイした場合、陸戦型ガンダムを除けば最大でも12機[1]のガンダムしかロールアウトする事が出来ないため、必然的にほとんどのパイロットはジム系の機体(量産機)に乗り続ける事になる(但し、ティターンズモードでの「G-TITANS」は例外で量産が可能である)。

脚注 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki